日本語の奥深さやきゃしゃさに惹かれて。書き散らすだけはひどい。

『数学レポートマナー』を読んでから、レポートが綺麗になった気がする。
でも、それは飽くまでも、知覚です。自分でそう思っているにすぎない。
経費は、額で表現されるので、綺麗なレポートを書いて額をあげたい。
とくに、最近1報告1円でやる顧客。
さらに、実例がほしい。高額の。
でも、ずいぶん苦しいのだな。くらしはうまくいかないから。

けれども、その他の書き散らしてあるだけのジャーナリストに見比べたら、
身はがんばってある方ではないだろうか。
年々、どりょくもしている。
とくに最近は、ひらがなと漢字の分散を考えながら書いている。
読みやすさに凄まじく差がでてくるからです。

そのてんを考えると、最近は分散が思い切りなってきたとも思える。
素晴らしい、と良い、の使い分けなども引っかかる。何がいいなのでなにが良いなのか、
日本語のつかいわけをまだまだ引っかかる。
毎日新聞校正集団のTwitterなどもみておる。思い切り勉強になる。さらに綺麗なレポートが
書き込めるようになったらな。脱毛ラボ 新宿