宣伝や掲示でことごとくいる謳い文句。
わたしは複写が隠れ家で、感動的な複写を集めた誌をライブラリーで借りてきて読んだり、申し立ての力を映る文献を読んだり行なうが、現に申し立てを制する現職「コピーライター」への期待・憧れが連日強まってきているのを感じます。
中学校のあたり、質問に答えていくと自分に当てはまる現職が押さえる検証等々をやる機会があって、コピーライターというものにたどり着いたのが、最初の顔合わせだったように思います。だけどその頃はこんな現職があることも知らなかったので、「へーそんな必要もあるんだ」と思っただけだったんですよね。
でも、大人に繋がるにつれて申し立ての思いの丈って強いな、と想うことが増えてきました。
単に30秒のCMの中で使われた申し立てやくだりで、こんなに内的がじんわりするっていかなるタイミング?
これがコピーライターの必要です、そしてどうして人間に雑貨やことを感触付けていくかを考えているんだ、酷いなー!と。
でもリーディングがホビー、というタイミングくらいしか申し立てに携わって掛かる所が私の中でなく、かなり初動を踏み出せない…と今までは思っていました。
そんな僕に機会が訪れたのです。それはショップ破産。雇用を余儀なくされた僕。
こういうゼログレードをどんなに改善させるか。
憧れのコピーライターへの行き来、今こそ!アイフル 流れ